2021年02月09日

施工現場風景

こんにちは!

先日、上棟した坂本3丁目3号地の施工現場風景をお届け致します。

IMG_0359.jpg

IMG_0354.jpg

IMG_0355.jpg

IMG_0356.jpg


内装もまだまだ出来ておりませんが、これからサッシや断熱材、フローリング等を施工していきます。
また工事が進んだら投稿させていただきます!


いつでも施工現場のご見学もできますのでご興味のある方はお問い合わせ下さいませ!!



続きを読む
posted by 日新地研 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2021年02月07日

皆様に、安全に通行いただくために!



R030207-1.jpg

こんにちは!

大津市坂本3丁目、分譲地前の道路境界部分に視線誘導標の「デリネーター」が設置されました!
白い支柱の先に、黄色い反射板のついたものですね。
高さは約90cmくらい。
「視線誘導標」ちょっと聞きなれない言葉ですね。
車道の側方に沿って道路線形等を明示し、運転者の視線誘導を行う施設のことを言うそうです。

これで、日中は勿論のこと夜間でも、車等のライトを反射して道路の境界を示してくれますよ♪






R030207-2.jpg

▲そして、大津市坂本3丁目4号地が、基礎工事開始となりました♪
これから建築の様子等合わせてお伝えしてゆければと思います!!







posted by 日新地研 at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2021年02月06日

祝 グランドオープン 祝

みなさまご機嫌いかがですか??
目 
最近は少しづつ暖かくなってきており、春が待ち遠しい気候となってきましたねイベント

さて、弊社では現在販売中の大津市坂本6丁目の大型分譲地22区画が宅地完成となりました!
グランドオープンを記念いたしまして、事前ご予約の上現地へご来場いただいた方に、あると助かる素敵な粗品をプレゼント中です♪♪
皆様ご家族連れで挙ってお越しくださいませ12345
続々と新築物件を建築いたしまっせ晴れ
ご予約はこちら☞☞☞☞ 0120-66-4560

そういえば、最近弊社でも時代の波に乗ってインスタグラムにも力を入れ始めました!
インスタ映えする写真を撮るのは難しいですが、現場の様子や販売物件の情報などをアップしていますので、
日新地研ファンの方はぜひチェックおたの申しますphone to
皆様に見ていただけるよう頑張りますのでぜひ、イイね&フォローおたの申します車(RV)
下記のリンクからレッツエンドゴー!!





☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟
❁❃❁❃❁❃❁❃❁❃❁❃❁❃❁❃❁❃❁❃❁❃









posted by 日新地研 at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2021年02月04日

大津市坂本3丁目、上棟しました♪

こんにちは!
本日は、大津市坂本3丁目で上棟が行われましたので、施工の様子をお伝えします♪



@ IMG_6206.jpg

▲足場が組まれ、1階部分の柱が組まれます。



A IMG_6211.jpg

▲通し柱と管柱です。

【通し柱】
一本で土台から軒まで通っている柱のことで、通常は建物の四隅など構造上重要な位置に使われる柱のことです。

【管柱】
その階の上下だけをつなぐ柱のことで、1階では土台と胴差を、2階では胴差と桁や梁とをつなぐ柱のことです。


BB IMG_6214.jpg

▲2階床部分となります。



CC IMG_6216.jpg

▲以前紹介していました、火打ち梁が施工されているのも分かりますね。






●ここからは、前面道路から見上げた様子をお送りします♪


DD IMG_6221.jpg


E IMG_6223.jpg


FF IMG_6230.jpg


HH IMG_6236.jpg

▲無事に棟があがり、完成となります♪
一日でここまで一気に完成させてしまう大工さんも本当にすごいと思います。
(いつもありがとうございます!)



上棟が行われると一気に建物の全体イメージがつかみやすくなりますよね。
ここから、内装外装工事が進められてゆきます。
その様子はまた次回にお送りできればと思います!








posted by 日新地研 at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2021年02月02日

今年の節分は124年ぶりに2月2日になりました!

こんにちは!
2021年の節分は、124年ぶりに2月2日になるそうなのです!
毎年、2月3日が節分だと思っていたので、ちょっとびっくりしてしまいました。


というわけで、ネットで詳しくみてみると・・・

本来、1年は365日とされていますが、正確にいうとおよ「365.2422日=365日+6時間弱」になるそうなのです。
4年で1日ずれてしまいますね。
となると、立春の日の基準となる「立春点の通過時刻」も年々遅くなっていることになるのですが、
その6時間のずれが生じていることによって、正確な「立春の日」が、3日になったり4日になったりするそうなのです。
結果、立春の日の前日に行われる節分も日数が動くことになったそうなのです。

【2021年】
2月2日 節分
2月3日 立春の日

ちなみに、季節と日数のずれを調整するために4年に毎に「うるう年」が設定されているとのことでした。

なるほどです!



R030202-1.jpg

R030202-2.jpg

▲節分に合わせて、皆で頂きました♪

そして、今年の恵方は「南南東」とのことでしたので、
本日は恵方を向きながら、皆の無病息災と商売繁盛を願いつつ、
言葉を発することなく、一気に恵方巻を頂くこととします!









posted by 日新地研 at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2021年02月01日

大津市坂本3丁目 境界ブロック工事完了しました!

こんにちは!
暦は2月に入りましたね。
今日は何の日でしょう?ということで調べてみると、「重ね正月、一夜正月」ということです。

厄年(やくどし)の人のための2回目の正月ということですが、
厄年の人が「年かさね」と称して、この日を2回目の元日として仮にひとつ歳をとらせ、
厄年を早くやり過ごそうとする風習があったことから、重ね正月というそうですよ。
なるほど!



さて、本日は大津市坂本3丁目の分譲地の様子をお知らせします。



R030201-1.jpg

▲各号地の境界用のブロックが施工されました。
これで、各区画の境い目が分かりやすくなりましたね。



R030201-2.jpg


▲建物が施工された後に、最終フェンスの施工工事を予定しております。
(フェンスが施工された様子は、また後日になりますね♪)



R030201-3.jpg

▲こちらは、いよいよ基礎工事、開始となります。
土の色が変わっている箇所が基礎部分となり、その上部に建物が施工されていく予定です。





■■大津市坂本3丁目 3号地
新築一戸建 2750万円(税込)
建物完成は、5月予を予定しております。

坂本3-B間取り.jpg.jpg

・LDK22.4帖
・小上りダイニング
・ロジヤ
・土間収納&パントリー等収納力抜群です!



■■大津市坂本3丁目 4号地
新築一戸建 2780万円(税込)
建物完成は、5月予を予定しております。

間取り.jpg.jpg

・LDK18帖+フリースペース4.5帖
・土間収納にパントリー
・広々WIC など
・吹付断熱
・半樹脂サッシ
・Lowe-Eガラス等、充実した設備が魅力となっております!




物件に関する詳細な資料等もお渡ししておりますので、気になるお客様。
是非、お気軽に日新地研までお問い合わせ下さいませ。






続きを読む
posted by 日新地研 at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2021年01月31日

日新地研の建物仕様 【木材編】

こんにちは!


日新地研の標準仕様のご紹介を出来れば良いな〜と思い、仕様書を見ていたのですが、
素朴な疑問にぶち当たりましたので、ちょっと調べてみました。



「集成材」と「無垢材」の違いは何??


●● 集成材とは

いくつかの木材の良い部分を集めて接着剤で貼りあわせることにより、安定した強度を保ちます。
そのため反りなどの変形が少なく、比較的施工がしやすいのがメリットとなっています。
反面、規格化されていることもあり、木材の独特な色艶が出にくくなっていたり
何十年も経た後、接合部分の接着剤が剥がれる可能性もあります。




●● 無垢材とは

一本の丸太から切り出した木材となるので、天然素材そのものの色艶や木目良さを味わえます。
あわせて、優れた調湿性能も持っています。
ただ、それぞれの品質によって強度や耐久度が違うため、きちんとした乾燥材を使わないと変形が起こる可能性があります。



集成材と無垢材。
それぞれの特徴、そしてメリットデメリットがあることが分かりました。
強度・耐久性・耐水性などを考えつつ、これからも構造に適したものをご提案してゆければと思います。








ちなみに、日新地研では、通し柱・管柱に集成材を使用して、火打梁には無垢材を標準で施工しています。


火打梁.jpg


▲火打梁はこの部分です。




他にも、無垢材は質感の良さや香りの良さから、フローリングへの施工を希望するお客様もいらっしゃいます。
(こちらは標準ではなくオプションになります)


1.jpg

2.jpg

▲実際に施工してみると、木目の感じがよく分かりますね。





ちなみにここからは余談になりますが・・・

【世界三大銘木】

と呼ばれる木材がありますが、皆さん、ご存じでしたか??


・ウォールナット(くるみ)
・チーク
・マホガニー


質、耐久度、そして木材そのものの美しさを楽しめるなど、それそれに良さがあるとのことですが、
希少性が高いため木材で、入手が困難な商品もあるようなのです。
家具として使用されていることも多そうなので、実際に目にしてみたいなぁ〜と興味が湧いてきました。






posted by 日新地研 at 17:40| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ

2021年01月28日

コロナ対策

こんにちは。

滋賀県ではコロナウイルス感染者数が毎日30人前後をキープしていますね。
早く落ち着いて平和だった頃に戻ってほしいですね。

本日、応接室に新たにアクリルパーテーションを設置しました。

IMG_0334.jpg


更にクレベリンも!!
ウイルスや細菌の除菌効果があります。

IMG_2288.jpg


空気清浄機も設置済みです。

IMG_0336.jpg


弊社では少しでも安心してお客様にご来店いただけますように新型コロナウイルス感染防止策に取り組んでいきます!













posted by 日新地研 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2021年01月26日

新規分譲地完成いたしました!

皆様こんにちは満月満月決定

弊社で造成工事を行っておりました、大津市坂本6丁目の新しい22区画の街が完成いたしました♪
駅近の立地ですがのどかな雰囲気が漂う街です!土地のゆとりもございますので、おすすめでございます。

これから続々と着工してまいりますので、ご期待ください。
豊かな暮らしを実現できるお土地となっておりますので、現在迷われている方は一度弊社までご連絡ください。
気に入っていただけると思いますので、ご予約の上一度現地にお越しください!!
IMG_9117.JPGIMG_9116.JPGIMG-9111.JPGIMG-9112.JPGIMG-9113.JPGIMG-9114.JPGIMG-9115.JPG


posted by 日新地研 at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2021年01月25日

事務所でお打合せ出来ます!

こんにちは!
本日は何の日でしょうということで調べてみると、「日本の最低気温」だそうです。
日本の最低気温???
更に詳しい内容をみてみますと・・・・

1902年(明治35年)の今日、北海道上川地方旭川市で日本の気象観測史上の最低気温であるマイナス41.0℃を記録したとのとこでした。

地図.jpg

▲北海道旭川市はこのあたりですかね。(グーグルマップより)
雪が降る夜の気温でもマイナスの一桁台だったりするので、
マイナス41度・・・想像できない気温にただただびっくりするばかりです。





さて本日は、建物の仕様打合せ用に使うカタログを取り寄せしていた分が届きましたので
一部を紹介します。


R030125-1.jpg


▲こちらは外壁サンプルの一覧になります。
実際に施工するサイディングですので、色味や質感を直接見て触って頂くことが出来ます。
最初は、イメージパースで色合いを決めたあと、サンプルを取り寄せるという感じです。


R030125-2.jpg

▲同じタイプでも、色合いが違うとまた雰囲気が変わりますね。



R030125-3.jpg

▲外壁サンプル以外にもいろいろあります!



R030125-4.jpg


▲実際に見て頂き、質感や色の違いを直接確認頂くのは大事なことですよね。



R030125-5.jpg

▲こちらは破風板のサンプルになります。



R030125-6.jpg

▲軒天のサンプルになります。
こうしてみてみると、どの色が良いのか、悩んでしまいますよね。



R030125-7.jpg

▲最後は畳のサンプルになります!
いぐさでもいろんな色合いのものがあるのですね。
個人的には和室が好きなので、自分ならどんな色合いを選ぶかな~なんて考えながら
サンプルを見てました!



大切な家を作っていく過程でとても大切なお打合せとなっております。
実際のサンプルをじっくりと見て触って、お家づくりを進めていただければと思います。










posted by 日新地研 at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ