2021年07月10日

【バルコニー】と【ベランダ】の違い

こんにちは。

さて、本日はちょっとした不動産の疑問をみてみたいと思います。

広告に掲載されている建物の間取りプランを見てみると、
建物からはみ出した部分に【バルコニー】や【ベランダ】と記載されれている箇所がありますよね。
「広いバルコニーで洗濯物を干したり」、「ベランダにプランターを置いて、家庭菜園をしてみたり…」などなど。
よく耳にしますが、実際にこの二つの呼び名の明確な違いはなんだろう?と素朴な疑問を持ちましたので、
早速インターネットで検索してみました。


●答え.

ベランダバルコニー.jpg

図を描いてみたのですが、これだけだと分かりにくいので解説を加えてみます。
簡単に言いますと、2階以上にあるもので、屋根があると【ベランダ】に、屋根が無いと【バルコニー】という呼び名になるそうです。



【ベランダ】屋根有り

R03071006.jpg

・屋根があるので雨の日でも洗濯物を干すことが出来ます。
・ベランダに面した部屋の日当たりがバルコニーよりも少なくなり、屋根施工費用もプラスされます。



【バルコニー】屋根無し

R03071005.jpg

・日当たりが良く洗濯物がよく乾きます。
・反面、雨が降るとバルコニーが使えなくなります。


屋根の有無で呼び名が変わるというのが、答えでしたね。



他にも、

【ルーフバルコニー】屋根無し
ルーフバルコニーは、下の階の屋根を利用したものです。屋根(=ルーフ)です。

R03071001.jpg

・屋根部分をバルコニーにするため、広い面積を確保しやすい。



【インナーバルコニ―】屋根有り
ルーフバルコニーに屋根を付けたものです。

R03071002.jpg

R0307100.jpg

・屋根があるので、洗濯物が雨に濡れる心配がなくなりますね。
・プライベート空間として活用することも出来ます。


それぞれにメリット・デメリットがありますので、プラン検討されている皆様、
是非上記を参考にしつつも、ご検討下さいね。






posted by 日新地研 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188831121
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック