2021年10月03日

大津市坂本6丁目の分譲地の様子。


こんにちは。
大津市坂本6丁目19号地の工事の様子です。

先日に基礎の型枠部分にコンクリートを流し込む作業が行われましたが、
そのコンクリートが固まるための必要期間が経過しましたので、
ついに型枠が外されました!!
建築用語では『脱型』といいます。


R03100301.jpg

△ 型枠が外され、コンクリートの基礎部分が露わになりました。
この状態を見てみると、家の間取りがなんとなく分かるようになりますね。


R03100302.jpg

△ この後は、コンクリートのつなぎ目の不要な部分を削り取ったり、
バリを取ったりと、基礎工事の仕上げ作業に入ります。




●施主様宅の工事の様子です。

R03100303.jpg

△こちらも19号地と同じく脱型が行われ、基礎のコンクリート部分が完成となりましたね。


R03100304.jpg

△こちらの区画では、基礎工事開始となった状態で、配筋が配置される前の段階となっております。

また工事が進みましたらこちらで紹介出来ればと思います。






posted by 日新地研 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ